宮迫博之、ユーチューバーデビューの真相を直撃! 語った「蛍原徹と電話で話したこと」

「ロンドンブーツさんの復帰トークライブの前日である1月29日に、宮迫さんが公式ブログとユーチューブチャンネルを開設。その日に1本目の動画を投稿しました。内容は謝罪とユーチューバーとして活動していくことの決意表明。亮さんが復帰するタイミングにかぶせるような復帰には批判が集まり、昨年、亮さんと開いた謝罪会見のときと同様に“演技っぽい”“嘘くさい”という声が多かったですね」(スポーツ紙記者)

雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮。偶然なのか、あえてなのか─闇営業問題で謹慎処分となった2人が同時期に復帰した。

中略

宮迫のユーチューバーデビューのタイミングについて、芸能プロ関係者はこう語る。

「亮さんのライブの30日に第2弾となる動画を公開したのは“亮と一緒に復帰した”という印象をつくりたい思惑があったそうです」(芸能プロ関係者)

宮迫の第2弾動画に登場したのは人気ユーチューバーの『ヒカル』。総再生回数が23億、年収は数億円といわれる指折りの人気ユーチューバーだ。今後は、彼とどんな活動をしていくつもりなのだろう。ロンブー復帰会見の翌日、自宅から出てきた宮迫を直撃した。

─ユーチューブで復帰。世間ではまだ厳しい目もありますが……。

「もちろんありましたけど。見てもらって、ずっとダメと言う人はダメでしょうが、そういう人にも認めてもらえるように頑張りたいです」

─“蛍原さんの横に戻りたい”と話していたが、何か話しましたか?

「もちろん、電話ではちょこちょこ話しています。“進んでいくしかないよな”っていうことは言ってますよね」

─戻りたいということは伝えました?

「長い付き合いなので、もう言わずもがなで。待っていてくれているんで。いちいちそういう会話もしないですね。いまは現状報告みたいなことはちょくちょくしています」

─ヒカルさんとの関係は?

「もともと知り合いの知り合いで。一緒に飲みに行ったときにどうですかって」

─さんまさんの反応は?

「“やっぱり動かないとな”と。“ジッとしてると腕も落ちるやろうしな”って」

─後押ししてくれたのでしょうか?

「後押しというか、“かまへんよ”って」

─ロンブーの亮さんも会見をして復帰しました。

「電話でちょくちょく話していたので、やるのは知っていました。元気そうな顔が見れてよかった」

苦笑することもあったが、質問にしっかりと答えてくれた宮迫。しかし、話が吉本に及ぶと歯切れが悪くなった。

「ちょくちょく話を聞いてもらっています」

と、事務所との連絡について話したが、岡本社長との関係について聞くと、
「う~ん……まぁあの……誰と会うてるということではないんですけど、何人かとは連絡をとって現状報告と今後どうなるかわからないですけど、お願いしますということは話しています」

─さんまさんの事務所を通し、吉本とエージェント契約を結ぶことはありますか?

「今後もし、そういうお話ができて進んでいけばお願いしたい気持ちはありますけど、まだ話はそこまで進んでいないので、のちのち話を聞いていただければ……という感じですかね」

すでに数本の動画のストックがあるという宮迫。後輩のキングコングの梶原雄太はユーチューバーで大成功。宮迫が目指すのは同じくユーチューバーのトップなのか、それとも─。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200203-00017130-jprime-ent
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200203-00017130-jprime-ent&p=2

Let’s block ads! (Why?)

 - まとめ